住宅ローンの借換比較

住宅ローンは完済することが理想ですが、ローンを切り替えることもできます。

ローンの切り替えは残債を別のローンに借り換えることになりますが、多数の金融機関がサービスをしているので比較がとても難しいです。

借り換えサービスの比較では3つのポイントで比べるとよいと言われています。

 

1、住宅ローンの金利

借り換える理由としては金利の高さがあります。

金利は固定、変動とありますが、特に10年固定などで期間が終わり、金利が高くなってしまうことが問題となるケースが多いようです。

固定金利をずっと続けられれば良いのですが、変動金利のほうが借りやすいことから固定に切り替えたいという方が多くなっています。

また、残債が減っていることから返済額を見直したいという方も多いようです。

 

2,住宅ローンの保険

古いローンの場合、借り主が病気になったり、死亡した際に住宅ローンを免除する仕組みがありません。

現在の多くのローンでは長期の場合、病気になった際に住宅ローンを免除する契約になっていることが多くなっています。

そのため、残された家族への負担を減らすために保険入りのローンへ切り替える方も多いようです。

 

3、ライフスタイルの変化

子供が独り立ちしたなどで家を離れて別な場所で生活をするなど、住宅を処分するために切り替える方もいます。

ローンは支払い能力さえあれば利点の多いローンへ切り替えは簡単です。

自分にあったローンへどんどん変えていくことが大事です。