住宅ローンの手数料

住宅ローンでは、諸費用が大きな割合を占めます。

例えば3000万円のローンを組んだ場合、諸費用だけでも60万円から100万円程度がかかってきます。

最近ではアベノミクスの影響などで金利が低い状態にあります。

35年のローンを組んだとしても総返済額は3600万円から4000万円程度になります(変動金利では金利上昇のリスクがあることに注意)。

諸費用の負担はとても大きいことがわかります。

諸費用とは保証料や事務手数料のこと

住宅ローンの諸費用のうち大きな割合を占めるのが、保証料や事務手数料です。

しかし、比較をするときはトータルの費用で比較することが重要になります。

例えば、メガバンクなどでは保証料が大きな割合を占めています。

一方で、ネット銀行では保証料が無料のところが多いです。

これだけを見れば、ネット銀行のほうがお得であるように思えてしまいます。

ネット銀行では保証料がかからない代わりに事務手数料でたくさんとられます。

保証料は繰り上げ返済をした時にいくらか戻ってきますが、事務手数料は戻ってきません。

同じ金額であれば保証料を支払っていたほうがお得になる場合もあります。

 

諸費用と金利の関係

諸費用が安くなっているプランでは、金利が高めに設定されていることもあります。

逆に、金利が低いプランでは諸費用の割合が高くなっています。

このように、一面だけを見て比較していたのでは、総合的に見ると損をしてしまうことがあります。

住宅ローンを選ぶ時は、トータルで最もメリットのあるローンを選ぶことが大切です。

各銀行の手数料を一覧にまとめているサイトがあります。

住宅ローン手数料比較
http://xn--hekm0a443zn8cwose30a022dtjf.jp/
住宅ローンの手数料と金利の比較をしています。

参考にしてください。